学友会支部設置基準画像

学友会支部設置基準について

(目的)

第1条 この基準は、神戸大学学友会支部の設置及び運営について定めるものとする。

(設置)

第2条 神戸大学(大学院)卒業生で構成する会員10名以上が居住する地域には、学友会常任幹事会の承認を経て、支部を置くことができる。

(設置承認基準)

第3条 設置申請に際しては、会員数・出身学部内訳、目的、代表者等役員、支部連絡先、会則等を別紙(様式1)により学友会へ提出する。また、変更の場合は遅滞なく別紙(様式2)により学友会へ連絡を行う。

2 複数学部・大学院卒業者で構成されていること。

3 支部の傘下に職域・年次同窓会を設置することは支部の判断とする。

(名称)

第4条 支部の名称については申請支部で独自に決めることができる。都道府県、市等は問わない。但し、同一都道府県に複数支部を設置する場合は所在地の市等の名称が望ましい。

(会員資格)

第5条 構成員は神戸大学卒業生、神戸大学修士課程・博士課程修了者、神戸大学の前身である諸学校の卒業生とする。一時的に単一学部卒業生になっても学友会支部は継承される。

(支部活動の会員への案内)

第6条 支部は、支部活動の様子を年1回程度学友会幹事会へ報告するよう努めるものとする。

(支部活動の広報)

第7条 支部は、支部活動の様子を年1回程度学友会幹事会へ報告するよう努めるものとする。

(支部活動の支援)

第8条 原則として、支部の採算は特定学部同窓会の支援を除き支部で完結する。

2 支部結成時のみ学友会から活動費用として3万円を助成する。

3 助成金の申請にあたっては、設立総会等終了後、別紙(様式3)により申請すること。また、助成金が支払われたことを確認後、別紙(様式4)を学友会へ提出する。

(取消)

第9条 活動の状況を長期間にわたって当該地域の会員に知らせていない支部については、学友会常任幹事会で支部設置の承認を取り消すことがある。

(改廃)

第10条 この基準の改廃は、学友会幹事会の議決をもって行う。

附則

1. この規程は、令和2年4月1日から施行する。

このページのトップへ